日本のみなさんにお伝えしたい48のwhy厚切りジェイソン著の書評

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
pose_english_why_man

日本はこのままいくと、衰退という恐ろしい道を突き進んでいくかもしれない・・・。

誰もが何となく感じているであろう、日本に漂う重苦しい空気。

果たして日本、日本人に、明るい未来はやってくるのだろうか。

そんな漠然とした不安を感じつつ日々過ごしていると、あの会社役員でお笑い芸人の厚切りジェイソンの本が、目に飛び込んできた。

日本のみなさんにお伝えしたい48のwhy
著者 厚切りジェイソン (ぴあ株式会社)

 

彼を知るようになったきっかけは、ある日何気なくつけたテレビ。

彼はとても頭のいい人で、自分のやりたいことを迷わず実行しているすごい人だと知った。

アメリカ人のジェイソンなら、今のこの厳しい日本の状況を打破するための、日本人には思いつきもしない何かすごい知恵があるかもしれない!

そう期待に胸を膨らませつつ、ページをめくっていくと・・・。

ジェイソンから日本人へのアドバイス

pose_english_why_man

厚切りジェイソンがsnsで自ら答えていた人生相談をまとめた、日本人に「そんなのおかしいよ。」、「こうしたらいいんじゃない?という、アメリカ人ならではの視点でアドバイスをしている本

「日本人は人の目を気にする人が多すぎる。
人の目を気にするな。自分の思うように人生を生きろ。

悲観的な人と接触すると否定ばかりされ、エネルギーが吸い取られる。関わるな!

できない理由を語るな。今やれることを頑張ろう。

など、なかなか「グッ」とくることを言っている。

日本の受験制度にも触れ、良くない点を上げている。

受験が終わればきれいに忘れ去ってしまう、暗記中心の日本の受験制度に果たして意味があるのだろうかと。

(私も受験が終わると、英語以外キレイサッパリと忘れたくちです。(泣))

実は私も、受験制度自体を変えべきだと思っている1人。

何でもかんでも、アメリカの制度がいいとは思わないが、受験システムは大いに参考にしてもいいのではないだろうか。

暗記中心の受験制度を変える→子どもの未来が明るくなる→日本の未来が明るくなるとは、少し楽観的過ぎるだろうか。

6ヶ月で40キロ痩せることに成功

C-_Users_z33_Desktop_kinniku_hanasu

本の中で特に驚愕したのは、6カ月で40キロダイエット成功させたというくだり。(今も体を鍛え続けてムキムキに。)

理論的に痩せるための数値を叩き出し、そして実践する。

頭もいいけれど、根性もあって実行力もあるジェイソン。

人生を思い通り楽しく生きている人は、人並み以上に努力しているのがよく分かった。

星4つ「下手な自己啓発本よりおすすめ」

c-_users_z33_desktop_thumbnail_small_star
巷に出回っている怪しげな自己啓発本。

中にはためになるいい本もあるのだろうが、私はあの手の本を読んて、成功したことが未だかつて1度もない。

そんな自己啓発本を読んで、貴重な時間を無駄にするよりは、地頭が良くて努力家のジェイソンが書いたこの本を読む方が、大いに参考になるだろう。

(彼は今でも日本語の勉強を、14年間休みなく毎日続けているそう。)

本を読み終える頃には、アメリカ人って周りの空気を必要以上に読む必要もなく、人の目も気にすることも少なくて、自由でいいよなと少しうらやましくなった。

(でも大丈夫!日本も日本人も、世界に誇れるいいところがたくさんありますよ!)

なんとなく日本の将来が不安で、日本の社会で生きていくのにちょっぴり疲れたあなたへ。

ジェイソンのアドバイスが、何かを変えるかもしません。

 

「日本のみなさんにお伝えしたい48のwhy」の
ご購入はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*