乾燥肌には「乙女の柔肌 化粧水&ジェルクリーム」がおすすめ!40代しっとりすべすべお肌体験レビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
chinoshio_eye

「地の塩社」・CHINOSHIOの『乙女の柔肌 化粧水&ジェルクリーム』がプレゼント当選したのでご紹介いたします!

「地の塩社」は、40年以上前から無添加シンプル処方にボタニカルエキスを配合したスキンケア製品を自社工場で製造・販売し、500種類以上もの 商品を開発・製造してきた実績のある会社です。

そんなCHINOSHIOの『乙女の柔肌 化粧水&ジェルクリーム』は、温泉水とコメ発酵液の成分でしっとりもち肌へ導く、乾燥肌の方におすすめのスキンケア。

温泉水や純米酒(日本酒)・馬油など歴史のある熊本県の特産物を使用しているのが特徴です。

2011年度に、「優良商品表彰事業民工芸・日用品部門 優良商品賞」を受賞しているから、その実力が分かりますね。

120年以上の歴史が作る『乙女の柔肌』!

それでは、さっそくチャレンジです!

今回ご紹介するのは、「地の塩社」・CHINOSHIOの『乙女の柔肌』の化粧水とジェルクリーム。

chinoshio_set2

乾燥肌が気になる方にオススメのスキンケアです。

『乙女の柔肌』とは?

120年以上の歴史が作る!温泉水とコメ発酵液の成分でお肌しっとり!

chinoshio_eye

CHINOSHIOの『乙女の柔肌』は、歴史ある熊本県の特産物を使っているシリーズ。

「山鹿温泉さくら湯」の温泉水や「千代の園酒造」の純米酒(日本酒)・馬油などを使っていて、さらに、紫外線などによる肌へのストレスをリセットするサクラ葉エキス・お肌をうるおすヒアルロン酸・シコンエキス等を配合。お肌にしっとりうるおいを与えます。

chinoshio_set1

ちなみに、「山鹿温泉さくら湯」とは、古くから温泉場として広く全国に知られていた歴史ある温泉で、「乙女の柔肌」と例えられているほどの、ぬるめでクセのない泉質で知られています。

そして、「千代の園酒造」の純米酒(日本酒)は、歴史ある酒蔵の「千代の園酒造」で作られる純米酒(コメ発酵液)です。かさついて乾燥した肌を、しっとりみずみずしい素肌に導くのが特徴です。

温泉水とコメ発酵液の良さが詰め込まれた『乙女の柔肌』!120年以上の歴史がつくっているなんて、とてもロマンがありますね。

『乙女の柔肌水』でもちもちのお肌へ♪

こちらが『乙女の柔肌水』。

chinoshio_lotion_case

顔だけでなく全身にも使えるローションタイプです。

chinoshio_lotion_bottle

配合されているのは、天然の山鹿温泉水と、ソメイヨシノの葉から取れるサクラ葉エキス・しっとり感アップのコメ発酵液・植物油脂から得られる保湿成分のグリセリン・植物のムラサキの根から抽出したシコンエキス・肌にうるおいを与えるヒアルロン酸Na・角質層までしっかり浸透する加水分解ヒアルロン酸といった、お肌にうるおいとキメを与える6つの保湿成分が配合されています。

お肌を乾燥による肌荒れから守って、もちもちのお肌に導きます。

乾燥肌に『乙女の柔肌ジェルクリーム』!

次に、美容液と保湿クリーム、そして化粧下地の3つの役割を果たす『乙女の柔肌ジェルクリーム』。

chinoshio_cream_case

乾燥による肌荒れが気になる方にオススメです。

chinoshio_cream

配合されているのは、天然の山鹿温泉水と、スクワラン・水溶性プロテオグリカン・コメ発酵液・加水分解コラーゲン・チャ葉エキスなどの9つの保湿成分と、皮膚をやわらかくする・スクワラン・レシチンなどの7つのエモリエント成分

お肌にうるおいを与えてキメを整えます

まるで温泉に行った気分♪パッケージにワクワク♪

『乙女の柔肌 化粧水&ジェルクリーム』。

chinoshio_set1

パッケージを見ているだけで温泉に行った気分に♪ワクワクしてきます。

『乙女の柔肌水』の内容量は150ml。

chinoshio_lotion_back1

『乙女の柔肌ジェルクリーム』の内容量は30gです。

chinoshio_cream_back

日本製です。MADE IN  JAPAN(日本製)の文字が見えます。

chinoshio_lotion_back2

製造ラインをはじめ、すべての工程で徹底した品質管理を行っているから安心して使えます。

実際に使ってみた感想は?

『乙女の柔肌水』でお肌もちもちすべすべ♪

chinoshio_lotion_bottle

まずは、『乙女の柔肌水』から使っていきます。

スプレー式なので、顔に直接かけても手に取って使ってもOK。

chinoshio_lotion_nozzle

透明と間違えるような、うすい白色のサラサラの化粧水。エタノールのにおいが少ししますが、無臭と言ってもいいでしょう。

chinoshio_lotion_li2

まずは、手の甲になじませてみます。

「お~すごい!」すぐにお肌がすべすべになってきました。

感動しながら、次は顔に直接スプレーしていきます。強い香りだと抵抗がありますが、香りがないので安心して顔に“シュシュ”っとスプレーできて◎。

「暑い季節のほってた肌にスプレーすると気持ちいいだろうなー。」と思いつつ、5~6回ほどスプレー。そして、お肌になじませていきます。

たっぷりお肌をうるおすために、「スプレー」→「なじませる」を3~4回ほどくり返してみました。

chinoshio_lotion_li1

しばらくすと、しっとりもちもちお肌になりました!さらにお肌もすべすべに!これはイイ♪温泉に入ったときみたいに、お肌がたっぷりうるおった感じです。

ちなみに、顔に直接スプレーしないで手に取って使うときは、5~7ほどプッシュして使いました。

ピリピリした感じや不快感は全くないので、安心して使えるのもいいですね。

『乙女の柔肌ジェルクリーム』でしっとり♪

次に、『乙女の柔肌ジェルクリーム』を使っていきます♪

chinoshio_cream

ふたを開けると中ぶたがありました。中ぶたを取ると、乳白色のジェルクリームがお目見えました。

chinoshio_cream_up

みずみずしくて軽いテクスチャーのジェルクリーム。ほのかに甘い香りがします。

chinoshio_cream_open2

顔になじませていくと、するする~っと簡単に伸びていきます。

chinoshio_cream_open1

しばらくお肌になじませてから、最後に手で包み込むようにしていると、あらビックリ!手に吸い付くような感じになって、しっとりお肌の完成です♪

軽い使い心地なのに、お肌の水分をしっかり閉じ込めているような感じですね。例えると、ものすごく薄くて軽いベールでおおわれているような感じ。軽い使い心地なので、お肌が重く感じることはありません。

ちなみに、顔だけでなく、ひじやひざ、そしてかかとと、気になる部分に使えるから乾燥肌ケアにバッチリ♪

こちらも、ピリピリした感じや不快感は全くありませんでした。

10日間使ってお肌のキメが整う♪

chinoshio_set2

そして、使った翌朝も乾燥感はなく、お肌がしっとりうるおっていました♪日中も乾燥を感じなかったのはさすがです。

10日ほど使ってみたのですが、お肌のキメが整ったようになってビックリ!温泉の力なんでしょうか。しっとりもちもち♪透明感が出てきてお肌が若返ったような感じです!

ただ、ジェルクリームをたっぷり使いすぎたせいか、もう半分しか残っていなくて「使う量を少し減らした方がいいのかしら?」と、ただ今考え中。もう少しジェルクリームの量が多かったら良いのにな~と思うのはわがままでしょうか。

ちなみに、ジェルクリームは手に吸い付く感じに仕上がるので、クリームタイプの化粧品を使うとよれにくくなっていいかもしれません。

お肌の乾燥を感じることなく、お肌のキメも整う『乙女の柔肌 化粧水&ジェルクリーム』は、オススメです!

コスパがイイからうれしい!

そして、最後に見逃せないのが、原価率が高いのにコスパがイイこと。なぜコスパがイイのかといと、「地の塩社」はコマーシャルを一切行っていないから求めやすい価格ということもあって、高リピート率というのもうなづけます。

素肌にやさしい、自然派処方の『乙女の柔肌 化粧水&ジェルクリーム』!特にお肌がしっとりすべすべになる化粧水は試してみる価値あり♪だと思います。

『乙女の柔肌 化粧水&ジェルクリーム』のご購入は
こちらからどうぞ♪

▼▼▼乾燥肌におすすめ▼▼▼

【天然自然成分にこだわったスキンケア】CHINOSHIO(ちのしお屋)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*