「学力の経済学」中室牧子(著)を読んで教育について考えさせられた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
C-_Users_z33_Desktop_books

TVやゲームは、子どもに悪影響はないのか?

ご褒美でこどもを釣ってはいけないの?

など、今まではっきりした答えが分からなかった教育のあれこれ。

それらの疑問を、ズバリ解答している話題の本をご紹介します!

「学力の経済学」はデータで教育を分析

book

学力の経済学」の著者である、教育経済学者の中室牧子さんは、データを用いて教育の問題を、経済学的に分析されています。

なので、科学的根拠のない個人的な経験などとは違って圧倒的な説得力があるのです。

テレビやゲームは悪影響?

 

C-_Users_z33_Desktop_tv_girl_tooku

この本を読んでみて非常に興味深かったのが、1日1時間ほどのテレビやゲームなら、子どもたちの学習時間などにあまり悪影響を与えないということ。(ただし、2時間を超えるとよくないみたいですね。)

「テレビやゲームをしてはいけません!」と口やかましく言わずに時間やルールを決めて、多少は大目に見てあげてもいいのでしょうね。

次に興味深かったのが、友達の影響は大きいので、悪い友達とはきっぱりと離れた方がいいということ。

学校生活は仲の良い友達がいれば、それだけで楽しく送ることができますね。

でもそれが悪友となると、困った問題が起きやすくなるようです。

喫煙、カンニングや暴力行為などの反社会的行為は、友達から大いに影響を受けやすいそうです。

強烈だったのが、「悪友は貧乏神」という言葉。
仏教用語みたいですが、ドキリとしました。

本の中で、子どもが友達関係でとても大変な状況にある場合は、思い切って引っ越しをするのも提案されています。友達がいかに子どもにとって大切なものなんだと“ハッ”とする思いで読んでいました。

子どもを取り巻く環境はとても大切。親も子どもを守るためには、ときには大きな決断をしなければいけないということですね。

その他にも、“子どもを褒美で釣ってもいいのか”、“どの時期に教育に投資すればいいのか”、“子どもをどう褒めたらいいのか”、などのもやもやしたあれこれを、大規模なデータを駆使し科学的根拠に基いて、気持ちのいいくらいのはっきりした解答がこの本に載っています。

「★★★★★星5つ」の素晴らしい本

c-_users_z33_desktop_thumbnail_small_star

「★★★★★星5」つの、今までよく分からなかった教育の疑問に、科学的根拠をもとにズバリと気持ちいいくらい解答している良書。

目次を見て「答えが早く知りたい!」と、急いでページをめくっていました。

今までは熱血先生の話を参考にしていたのですが、これからは中室先生の本を参考にしたいと思います。

うやむやだった教育の問題に、「データを駆使してズバリ解決」に大いに納得です。

学力の経済学」の
ご購入はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*