勉強のやり方が分かる!「医学部合格への受験戦略・勉強法」を読んでみた感想。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
C-_Users_z33_Desktop_books

「医学部合格への受験戦略・勉強法」を読んでみた

医学部へ入るために何をするべきか分かる

c-_users_z33_desktop_jisyo_jiten_boy

「医学部合格への受験戦略・勉強法」は、医学部受験専門の塾「MEDUCATE」の運営者で講師、そして、現役の医師でもある細井龍が書いた本。

医学部に入るためにやるべきことが詳しく書かれていて、よくある一般のぼんやりと書かれた本とは一線を画した本です。

興味深い話がたくさん書かれているのですが、中でも驚いたのが著者の医学部受験時代の話

1日16時間勉強したというのもすごいですが、5日間もお風呂に入らなかったり、集中力がもたないときにはベルトで椅子に自分を縛り付けて勉強したり、トイレに行くのをギリギリまで我慢して勉強したりと、もうなんだか壮絶な受験勉強生活が書かれています。

食事も、爪楊枝で食べられるものや、おにぎりなど手でつかんで食べられるものを左手で食べながら、右手で勉強するという徹底したスタイルで、なりふりかまわず勉強し続けたというからすさまじい。

個人的には、「5日間もお風呂に入らず勉強し続けた」といのは、「衛生面から言ってどうなのかしら?」と少し引き気味になるけれど、そこまで徹底して自分を追い詰めないと医学部合格という高い壁は乗り越えられないのでしょう。

医学部に合格した後は医者になれるのだから、人生の数年間、なりふり構わず勉強する価値はあると言えますね。

医者の給料って高い?

money_satsutaba2 

 

ちなみに、医者の給料は、20代から1千万円近い年収を得ることができる人もいるようです。開業すれば、年に3千万以上は稼げるというからすごい。年収も高いけれど、定年もなし。アルバイトもかなり高給で稼げるようなので、医者ってやっぱりいろんな意味ですごいですね。

でも、人の命を預かる仕事なので、ミスできないというプレッシャーがあったり、ウイルスに感染するリスクがあったりなど、責任重大で危険といつも隣り合わせ。なので、医者は高給でも普通かなと個人的には思っています。(お医者さん、いつもありがとうございます!)

他学部受験生や社会人にも参考になる

book

医学部の受験のことだけでなく、暗記や復習の仕方などの勉強のやり方が書いてあるので、他学部受験生や、そして社会人にも大いに参考になると思います。

私は英単語がなかなか覚えられないので、暗記の方法には「なるほど~!」と感心しました。

ちなみに、最後に気になったのが、「40代からの医学分受験はどうなのか?」ということ。簡潔にまとめられてましたが、こちらの話題も興味深かったですね。

まとめ 「星5つのおすすめの本」

c-_users_z33_desktop_thumbnail_small_star

★★★★★ 星5つのおすすめの本。

医学部に入るためのノウハウが詳しく書かれているので、子供を医学部に入学させようと考えている親御さんにおすすめの本。

また、勉強のやり方など参考になることが多いので、他学部受験の学生や社会人の方でも読んでみる価値はあると思います。

ちなみに私の場合、「医学部合格への受験戦略・勉強法」を読み終わった後、「自分はぼんやり生きていた!」と“ハッ”とし、そして何故かテンションがやたら上がって、「勉強するぞ~!」としばらくの間燃えていました。勉強のモチベーションUPにもいい本だと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*