C-_Users_z33_Desktop_diet_before_after

40代にもなると、気を緩めもんならぐいぐいと体重が増えていく。

おそるおそる後ろ姿を鏡で確認してみると、「あなたは誰ぁれ?」と聞きたくなるような、どっしりおっさん化した後ろ姿がそこにあった。

さすがに「これはやばい!」と焦ってダイエットを始めたものの、若い頃のようにサクサクとは体重は減りはしない。

死にものぐるいで体重を減らしたとしても、その後、長~い停滞期に苦しむのだ。

あまりにも体重が減らなさすぎて、とうとう何をしていいのかさっぱり分からなくなってしまった。

このままデブでいいのか。このみにくく肥え太った体のまま生きていくのか。私の人生これでいいのか。

「良くないわー!キー!」(╯°□°)╯︵ ┻━┻

とキレ気味になっていたところ、ある本に目が止まりました。

『45歳、ぐーたら主婦の私が 「デブあるある」をやめたら半年で20kgやせました!』(講談社)という本。

えっ!半年で20キロ減ってすごくない!?

「おまけに著者の桃田ぶーこさん、私と同じ40代じゃない!私だって痩せられるかもしれない!」と、はやる気持ちを抑えつつ、さっそくページをめくることにしました。

続きを読む